INDEX
#A #B #C #D #E #F #G #H #I #J #K #L #M #N #O #P #Q #R #S #T #U #V #W #X #Y #Z

Country
# uk
# italy
# german
# france
# spain
# netherland
# greece
# finland

Category etc.
# acid folk
# ambient
# british rock
# canterbury
# extra
# farfisa organ
# fantasy
# finnish rock
# flamenco rock
# french rock
# hammer beat
# hammond organ
# hans rudolf giger
# hipgnosis
# italian rock
# krautrock
# live
# love rock
# marcus keef
# mellotron
# minimal techno
# moog
# new age
# new wave
# noize
# progressive hard
# psychedelic
# roger dean
# sitar
# sound track
# symphonic rock
# synth strings
# techno
# traditional folk
# vertigo
# vocoder



OTHER BLOG
TRANS EUROPE EXPRESS

MORE...
Twitter
FaceBook
YouTube
mixi

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ




about progballerina(はらだつとむ)

1971年生まれ、プログレッシブ・ロック歴 - 中学の頃からなのでかれこれ25年強くらい、
プログレをこそこそ聴きながらパンクバンドでギターを弾いてた学生時代、
プログレをこそこそ聴きながらディスコでユーロビートに陶酔していた青年期を経て、
プログレをこそこそ聴きながらDTMでテクノを演る現在に至る、
しかし、じつを言うとほんとはポール・サイモンとペット・ショップ・ボーイズが大好き!、雑多で不届き者なプログレ中年男子です、
──
プログレの名盤の感想を書いてます、
たまにレビューどころか感想ですらなく、なぜかコラム化して好き勝手なことを徒然なるままに書いてたりもしますのであしからず、
──
便宜上PROGRESSIVE ROCK CHANNELとタイトルしていますが、実質はEUROPEAN ROCK CHANNELと思ってください、
ユートピアだとか四人囃子だとか、欧州以外のプログレも好きでよく聴いてるのですが、このブログでは欧州しばりをルールにしています、
とくに深い理由はないんですが、そのほうが統一感があってカッコ良い気がしたのでそんなルールに、
逆に欧州であれば「ちょっとこれはプログレじゃないかも」といったものも平気で扱いますけど、
雰囲気的にはプログレ・ヨーロッパ紀行な感じを目指していますよ、
ユーロ・ロック・奥の細道とも言うかも(??)、
(注:イギリスあたりもユーロ圏に含めてます)、 ──
このブログの目的はタバコの増税分をなんとかアフィリで補うことと、
現在の音楽シーンのダウンロード販売への微力ながらせめてものカウンター、
音楽はジャケットとともにアルバム全曲を楽しもうよ、という想いなのです、
ノスタルジーだけじゃないもん!、
──
さらにこのタンブラーでいまどきにいちいち時間をかけて長い文章を書いているというのも、今となっては古き良き時代のテキスト主体ブログを守る!という力のひとつになれればいいな、なんて想いもあって時代に逆らってます、
ビバ!カウンター精神!、
非喫煙者は敵とみなす!、いやジョークっすw、
──
お便りはこちらまで、
ballerina2106@gmail.com
ありがちですが「@」を半角に変えてください、




カウンター

 

Tangerine Dream - Phaedra
タンジェリン・ドリームのフェードラ、、、
まずはこのジャケだ、、、
このジャケットこそがフェードラの音楽を具現化しているのだと思う、、、
具体的にこれがなんなのか?の答えは用意されてはいない、、、
見方によっては銀河系以外の星の集まり、いやブラックホールの入り口のようにも見えるし、深海のさらに奥深くのようにも見える、、、
まだ人類が到達していない光景なのだろう、、、
これこそが1974年当時としては最先端の電子楽器によって紡ぎ出された音楽の世界観なのである、、、
いや、はっきり言ってしまうと、このようなシンセ遊びは21世紀の現在であればちょっとした機材があれば六畳間でも簡単にできてしまうのだ、じっさいのところ、、、
6畳間どころではない、いまやソフトシンセの時代であり、いま目の前にあるパソコン1台でも似たような遊びは可能だ、しかもフリーソフトで、シーケンスソフトすら必要ない、、、
— ixi audio —
このあたりを使えば音楽的な知識はもちろんシンセの複雑な知識もなにもなくたって、マウスを使って画面上に映し出されるアイコンを動かすという視覚的なアプローチで簡単に不思議な音色がシーケンスされるので試してみるといい、これで充分にトリップできるはずだ、、、
ただし時代は1974年、このシンセ遊び、いや音楽実験、そしてそのレコーディングは困難を極めたらしい、、、
そしてそして、これを聴いた当時の人々はブッ飛んだらしい、、、
らしい、らしい、で申し訳ないが、わたしがタンジェリン・ドリームを初めて聴いた80年代後半には、じっさいに我が家の6畳間でこうした音楽実験がすでに行われていた、、、
まあ、それでもixi audioの手軽さからは想像もつかないほど、あれやこれやと配線が蜘蛛の巣のようにはりめぐらされていたが、、、
我が家の6畳間に小宇宙を作り出し、星と星の隙間をすりぬけ、ときには深海へともぐり、浮遊する半透明の奇怪な生物に衝突しそうになりながら、複雑な機械に取り囲まれ、ハイビームを未知なる世界へ照らして探査船を操縦していたのだ、、、
その光景はまるでタンジェリン・ドリームのフェードラのジャケットのよう、、、
つまりはこのアルバムを聴くにあたっては、このジャケを眺めながら、もしくは部屋を暗くして未知の世界への旅を妄想しながらニヤニヤとして聴くのが正しいのである、、、
モーグやメロトロン、EMS VCS-3などのシンセ好きにとっては「萌えー」となる音を見つけ出す楽しみなんかもあるのですが、そういった電子楽器の他にもベースギターやエレピにフルートの音なんかも入ってます、、、
しかしなんといっても2001年宇宙の旅の木星突入シーンを思い出してトリップするのが粋ですね、そういう明るい進化した未来を夢想した時代なんですよ、きっと、、、

Tangerine Dream - Phaedra

タンジェリン・ドリームのフェードラ、、、

まずはこのジャケだ、、、

このジャケットこそがフェードラの音楽を具現化しているのだと思う、、、

具体的にこれがなんなのか?の答えは用意されてはいない、、、

見方によっては銀河系以外の星の集まり、いやブラックホールの入り口のようにも見えるし、深海のさらに奥深くのようにも見える、、、

まだ人類が到達していない光景なのだろう、、、

これこそが1974年当時としては最先端の電子楽器によって紡ぎ出された音楽の世界観なのである、、、

いや、はっきり言ってしまうと、このようなシンセ遊びは21世紀の現在であればちょっとした機材があれば六畳間でも簡単にできてしまうのだ、じっさいのところ、、、

6畳間どころではない、いまやソフトシンセの時代であり、いま目の前にあるパソコン1台でも似たような遊びは可能だ、しかもフリーソフトで、シーケンスソフトすら必要ない、、、

— ixi audio —

このあたりを使えば音楽的な知識はもちろんシンセの複雑な知識もなにもなくたって、マウスを使って画面上に映し出されるアイコンを動かすという視覚的なアプローチで簡単に不思議な音色がシーケンスされるので試してみるといい、これで充分にトリップできるはずだ、、、

ただし時代は1974年、このシンセ遊び、いや音楽実験、そしてそのレコーディングは困難を極めたらしい、、、

そしてそして、これを聴いた当時の人々はブッ飛んだらしい、、、

らしい、らしい、で申し訳ないが、わたしがタンジェリン・ドリームを初めて聴いた80年代後半には、じっさいに我が家の6畳間でこうした音楽実験がすでに行われていた、、、

まあ、それでもixi audioの手軽さからは想像もつかないほど、あれやこれやと配線が蜘蛛の巣のようにはりめぐらされていたが、、、

我が家の6畳間に小宇宙を作り出し、星と星の隙間をすりぬけ、ときには深海へともぐり、浮遊する半透明の奇怪な生物に衝突しそうになりながら、複雑な機械に取り囲まれ、ハイビームを未知なる世界へ照らして探査船を操縦していたのだ、、、

その光景はまるでタンジェリン・ドリームのフェードラのジャケットのよう、、、

つまりはこのアルバムを聴くにあたっては、このジャケを眺めながら、もしくは部屋を暗くして未知の世界への旅を妄想しながらニヤニヤとして聴くのが正しいのである、、、

モーグやメロトロン、EMS VCS-3などのシンセ好きにとっては「萌えー」となる音を見つけ出す楽しみなんかもあるのですが、そういった電子楽器の他にもベースギターやエレピにフルートの音なんかも入ってます、、、

しかしなんといっても2001年宇宙の旅の木星突入シーンを思い出してトリップするのが粋ですね、そういう明るい進化した未来を夢想した時代なんですよ、きっと、、、

にほんブログ村 音楽ブログ プログレッシブへ

  1. skoddiethecat reblogged this from progballerina
  2. philailleurs reblogged this from progballerina
  3. progballerina posted this

Blog comments powered by Disqus